自民、公明両党が3日に、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案の内容で合意したようです。

 

調整をしていた日本人のカジノ入場料は1回6000円とする。また、訪日外国人は無料となりました。

 

パチンコや公営ギャンブルが入場料が無料かほぼそれに近いことを考えると、
一般的に6000円というは金額が高いと感じられると思いますが、リゾートの一環として
その分良い待遇が受けられると思えば良い値段設定かなと思います。
有料な分、悪い客ってのは入ってきづらいですからね。

 

そうなると日本におけるカジノはゲームで設ける場所って言うよりは、
高級なゲームクラブということになるのではないでしょうか。

 

普段からオンラインカジノをやっている人からすると、カジノに入るのに有料!?と感じるかもしれませんが
海外のカジノでは当たり前ですし、アミューズメント施設として楽しむものと考えると良いと思います。

 

気になるのはペイアウト率

オンラインカジノユーザーで気になるのは還元率ですね。
今のところ、日本にできる予定のカジノに還元率は公開されておりません。
入場料があるところから、還元率も期待ができません。

 

オンラインカジノユーザーとしては、利益を得るのをオンラインカジノでして
雰囲気やアミューズメントを楽しむ場所として、遊ぶのが良さそうです。

 

オンラインカジノでルールを知っているだけで、初心者にでかい顔できるので面白そうですねw

 

↓↓『PAIZA CASINO(パイザカジノ)』のがライブカジノが豊富でおすすめ↓↓