自分に合ったオンラインカジノが見つかる

日本語対応のおすすめカジノインフォジャパン

ニュース

オンラインカジノへのコロナウイルスの影響は。遊んでいても大丈夫?

更新日:

コロナウイルスが蔓延し、世界中が経済で危機に立たされています。

日本では首都圏や都市部が大混乱に陥り、東京は封鎖するのではという噂が出ております。

決定していることだけでも東京オリンピックが延期となり、東京大阪福岡などの都市部は週末の外出を禁止されております。

世界に目を向けたらインド・フランス・ロンドン・イタリア・スペイン・ニューヨークが外出禁止や封鎖状態となっています。

 

こうなると、オンラインカジノユーザーの皆様もオンラインカジノのいく末が心配になるかと思います。

実際にオンラインカジノに何の影響が出るのか、私なりの見解を書きたいと思います。

 

オンラインカジノの運営について

まず、考えられることは人員の減少による運営規模の縮小についてです。

 

細かく言うと以下の2点に影響があります。

カジノホスト側(ベラジョンやパイザカジノなど)

・出金がいつもより少し時間がかかる

・日本語サポートが少し遅くなる

と言った点です。

出金は少し感じますが、サポートは今の所あまり感じません。

 

ゲームプロバイダ側

・プロバイダによってはゲーム全体が利用停止

・ライブカジノのディーラーの減少

といった点が考えられます。

実際の影響

・SA GAMING社
・ALLBET社
・OPUS GAMING社
・TAISHAN社

これらのゲーム会社はライブスタジオの運営を現在禁止されています。

 

 

 

プレイヤー人口は減ってる?

オンラインで遊べるだけあって、減少はほとんどありません。

むしろ、外出ができないことで注目を浴びていると言っても過言ではないです。

 

勝率に影響はある?

運営が提示する還元率に影響はないものと考えていいです。

ただし、ライセンスを発行している大きなオンラインカジノや長く運営しているカジノについてはです。

ライセンス取得に関わるカジノの還元率をいじることは基本いたしません。

そもそもオンラインカジノはインターネット上で商売が完結しているため、コロナウイルスの影響を受けにくい業態であるので倒産の可能性が低いからです。

ただし、ライセンスが不明な小さなカジノはここで倒産覚悟でお金を使わせて逃げる可能性もあるので注意してください。

 

為替相場には注意したほうがいいかも

比較的落ち着いているとは思いますが、為替相場の変動もまだまだ考えられます。

オンラインカジノのほとんどはドルやユーロで遊ぶこととなりますが、為替相場が変わるほど長い期間ドルを持っているとせっかく勝っても意味がなくなってしまう可能性があります。

例)入金時 110円=1ドル 出金時100円=1ドル

この場合、そのまま1ドル出すだけで日本円としては10円損することになります。

 

これに対処するなら日本円で遊べるカジノで入金する

パイザカジノやカジノーXなどの日本円で遊べるカジノであればそもそも為替の影響がありませんので非常にオススメです。

どうしてもお気に入りのカジノがドル建てなら、遊んだ分はなるべくすぐ出金するようにしましょう。

数日間の間であればかつ少額であれば影響はないものと思います。

 

 

まとめ

今はオンラインカジノをやるべきか?

外出を控えなければいけない中での数少ないエンターテイメントだと思います。

同じギャンブルでもパチンコは人との距離がとても近いのコロナウイルスの感染の危険がありますよ。

社会人としてもパチンコしにいってコロナウイルスにかかりましたなんて恥ずかしいですよね。

 

おすすめのカジノは?

長く運営していて安心のベラジョン

やはり老舗の安心感はあります。またゲーミングプロバイダが絞られているので影響が受けにくいです。

 

日本円かつ対応の早いパイザカジノかCASINO-X

どちらも日本円のため為替の変動も受けにくく、サポートもしっかりしています。

これらのカジノは私も運営の方とやりとりをしておりますので、安心かと思います。

 

パイザカジノ(PAIZA CASINO)の登録はこちらのバナーをクリック

 

CASINO-Xの登録はこちらのバナーをクリック

今ならCASINO-Xは登録するだけで50ドルもらえますよ。

 

 

 

 

 

-ニュース

Copyright© 日本語対応のおすすめカジノインフォジャパン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.